結婚したいなら女子会に行ってはいけない。女子会好きが婚期を逃しやすい理由。

女子会って楽しいですよね^^

特に年齢や価値観など自分と似たような境遇の子が集まる友達との女子会は本当に楽しい。

私も女子会は大好きです。

ただあなたが今「婚活中」であるなら、そういった女子会への参加は少々注意が必要です。

女子会好きは危険信号?

同じ境遇、つまり独身者が集まる「女子会」は、居心地がいいがゆえに、傷の舐め合いになってしまうんですよね。

「一人って最高!」
「将来はうちらだけでルームシェアしようか」
「いい男ほんといないよねー」
「彼氏なんて当分いらない」
「◯◯ちゃんは可愛いから大丈夫だよー」

あなたもこんな会話で盛り上がったことありませんか。

もしこんな会話が日常的に当たり前におこなわれていたら、はっきりってかなりヤバイと自覚した方がいいです。

女子会好きだと婚期が遅れる理由

あなたが将来的に結婚する気がないのならどうぞそのままでいてください。

けれどあなたに少しでも結婚願望があるなら「傷の舐め合い」「慰め合い」は婚期を遅らせるだけ。

なぜなら、「皆も独身だしそんなに焦らなくていいのかも」という安心が行動を遅らせ結婚から遠のかせてしまうからです。

また、いつも独身者同士でつるんでいると「結婚」というものをリアルに感じられないので、行動のモチベーション上がりません。

同じ環境のまま変わらず過ごしていたら成長もないから変化もない。

それで婚活がうまくいくわけないんです。

足の引っ張り合い

また、「足の引っ張り合い」もあります。女子は集団から外れることにとても敏感です。

あなたが何気なく「婚活中」であることを女子会で口にしたとします。

独身女子の多くは「抜け駆けされる」のが嫌いです。

なので、婚活を頑張っているあなたに対し、「婚活なんてしなくていいじゃん」「婚活ってなんかむなしいよね」といった足の引っ張るようなことを言ってきたりします。

これってあなたの為を思っての発言ではなく、取り残される不安からの発言です。

けれど多くの女性はそれを「真」に受けてしまい、婚活をやめてしまう。私もそんな女性を数多く見てきました。

あなたに結婚願望があるなら「婚活の苦労」は一時だけです。
だけど「独身」でいることの寂しさは独身でいる限り残り続けます。

どうか「傷の舐め合い」や「足の引っ張り合い」を真に受けないでください。右から左へ受け流してください。

あなたがそういった「傷の舐め合い」や「足の引っ張り合い」に参加せずに、結婚という目標に向かってしっかり行動すれば、あなたは日々成長していくし、それが経験と自信につながっていきます。

傷の舐め合いや足の引っ張り合いはあなたの品格を落とすだけです。

行動しているあなたは誰よりも素晴らしい

そもそもですが、「他人の足を引っ張るようなこと」を言って行動しない人たちより、実際に結婚に向けて行動をしている人のほうが何倍も素敵です。

周りがいくら「婚活」のことをバカにしようが、目標に向けてしっかり歩いている人は、誰が何と言おうと素晴らしい!

だって婚活って大変ですよ。変な男だっているし、知らない相手と会うのは疲弊だってします。「婚活鬱」なんて言葉もあるくらいですからね。

だから今「婚活」を頑張っているあなたは、自分をもっとほめてあげてくださいね。

参加するなら「既婚女子」がいる女子会に参加してみる

s-16020906
独身女子だけの女子会の参加は上記に書いたようなデメリットがありますが、既婚女子がいる女子会は参考になる部分も多いです。

マウンティング(上から目線)されてしまう可能性もありますが、婚活という観点から見れば独身女性との飲み会より遥かに有意義です。

結婚に至るまでの話を聞いてみるだけでも参考になることもたくさんあるはずです。

女性は「結婚」に夢見がちですが、既婚女性と会うことで地に足の着いた現実的な発想ができるようになります。その結果自分を見つめなおす機会にもなりますし、婚活相手に対しての希望も変わってくるかもしれません。

独身女子だけの女子会に参加するより、既婚女子が集まった女子会に参加するほうが、自分にとっていい「変化」があるんですね。

また、「既婚女性」って特有の「既婚オーラ」を持っています。

結婚してる人って見ただけでなんとなくわかりますよね?
独身女性も見ただけでなんとなく判断できます。
子供がいる女性なんてそれこそ一目瞭然ですよね。

これって外見や内面(考え方)も含めてそういったオーラを発してるんです。

そういったオーラを持っている人と一緒にいることで、それと同じような価値観や考え方が自然と身につくんです。

それだけ結婚を引き寄せやすい体質になります。

ウソのような本当の話です。

気をつけないといけないのが、既婚者でも結婚生活に満足していない人の場合。

こういった人だと、
「旦那の悪口」
「結婚生活の不満」
ばかり聞かされて余計に逆効果になってしまう恐れもありますからね。

類は友を呼ぶ

「類は友を呼ぶ」って聞いたことありますよね。

似た者同士が集まるということです。

お金持ちの周りにはお金持ちが集まるし、主婦の周りには主婦が集まる。独身女性の周りには独身女性が集まります。

これは心理学的に「類似性の要因」と言います。

似た者同士のほうが話も合うし、一緒にいて楽ですから考えれば当たり前のことです。ただ、似た者同士と話してばかりいると「思考」が固まってしまい、人生に大きな変化を起こしにくくなってしまうのもまた事実。

あなたが「変わりたい」「結婚したい」と本気で考えているなら、少しだけ勇気を出してそういった慣れた環境から飛び出してみませんか?

「ほんの少しだけ居心地が悪い環境」に新しい出会いや変化の種は転がっています。

まとめ

傷の舐め合いは楽しい。けれどその友人はあなたの人生にはなんの責任もとってはくれません。

結婚したいなら「傷の舐め合い」から卒業して、他人の価値観に左右されずやることやりましょう。

それだけで他の人より、一歩も二歩も成長できますからね。